お尻は黒ずみの起きやすい部分とされており、下着の締め付けや椅子による圧迫などで起こってしまうことも多いです。
この部分は皮脂腺が活発に働きますし、普段は服で覆われているので新陳代謝が滞り、角質が厚くなってメラニン色素の分泌量が増えてしまうのです。

最近は防寒下着や補正効果のある下着なども人気となっていますが、通気性が悪いので肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

ピーリングが効果的

お尻の黒ずみは一般的な保湿クリームを塗ってもしっかりとケアできないことが多いため、すぐに乾いて刺激も少ないピーリングジェルを使ってケアするのがおすすめです。
ピーリングジェルは100円玉程度の量を手に取り、気になる部分に軽くなじませるだけなので簡単に使うことができます。
ピーリングジェルには皮脂や古い角質を効率よく除去できるというメリットがあります。

汚れが浮かび上がったらしっかり洗い流すだけで良いですし、ケアした後も綺麗な肌に仕上がるでしょう。
ピーリングジェルを使うことで肌の代謝をアップさせることができますし、色素沈着を改善することに繋がるのです。

病院でのケアも有効

7--13

お尻というのはなかなかセルフケアが難しい場所ですし、どのようにケアすれば肌トラブルが解消できるのか分からないこともあるかもしれません。
そこで黒ずんでしまったお尻の皮膚を効率よく改善したいという場合、皮膚科で治療を受けると良いでしょう。

特に黒ずみが重症化している場合はセルフケアだけで改善することが難しいため、ドクターに相談してみるのがおすすめです。

皮膚科ではレーザーや塗り薬による治療を受けることができます。
また、病院で処方される塗り薬をよりしっかりと作用させるため、ケミカルピーリングが行われることもあります。
これは酸を皮膚に塗り古い角質を溶かして取り除くという施術であり、皮膚の新陳代謝を促進する効果が期待できます。

黒ずみを効率よく改善したい

皮膚科では体の外側からと内側からのケアにより、肌トラブルを効率よく改善することができます。
しかし、病院のドクターであってもお尻を見せるのは嫌だという人もいるかもしれません。

時間をかけてケアすることで自宅でのケアで改善することもできるため、専用のケアアイテムを使ってみると良いでしょう。
黒ずみ対策にはお尻専用の保湿クリームやジェルを使ってみるのが良く、肌に刺激や摩擦を与えないことも大切です。

すぐに効果が出るわけではありませんが、根気よくケアを続けることが重要なポイントです。