お尻の黒ずみはセルフケアではなかなか改善することができないものです。
お尻の皮膚は厚く、キレイな肌色に戻すには時間も長くかかります。
効果があらわれないお尻の黒ずみはエステで解消することができます。

エステでのケア

エステの黒ずみケアには超音波クレンジング、吸引、ピーリング、イオン導入、リンパマッサージなどがあります。

超音波クレンジングは落ちにくい毛穴の奥にある汚れを超音波で除去することが可能です。
セルフケアではとれない皮脂などの汚れを取り除き、色素沈着やニキビなどの原因も改善できます。
吸引は吸引器具を使用して汚れを吸い取る方法です。

ピーリングはピーリング専用の機器やケア用品などを使用して古い角質を取り除きます。
ピーリングすることで新陳代謝を促進させて色素沈着を改善し、キメも整うため肌が滑らかでキレイになります。

イオン導入は、電流で美白成分など有効成分を肌の内部へ浸透させる方法です。
有効成分が肌へ浸透して効果が期待できます。

リンパマッサージの施術は、マッサージすることで血行が良くなり、新陳代謝が活発になって肌のターンオーバーが正常に働くことで解消を早めることができます。
パックを行なう場合もあります。

エステ選びは大切

7--10

セルフケアで除去することは難しいのですが、エステでは可能です。
エステはそれぞれに施術内容がことなり、肌の状態によって施術は異なります

良いサロンの選び方は、カウンセリングで原因を把握して、症状に合った施術内容の提案ができ、黒ずみを解消するだけではなく、予防することまでアドバイスや相談ができるサロンを選びます。

サロンでの施術は肌のケアを念入りにして、古い角質を取り除く施術が一般的です。
保湿も大切でサロンではしっかりと保湿も行なうため安心です。
セルフケアでもピーリングは可能ですが、ピーリングの薬剤は刺激が強い場合があるため、状態を確認しながら施術を行なうサロンは安心できるものです。

日常生活も見直しましょう

色素沈着などがあるお尻はサロンの施術で改善することは良い方法ですが、日常生活の見直しもする必要があります。
乾燥したり刺激を受けると肌は刺激から守ろうとしてターンオーバーを早め角質層を厚くし、くすんで黒ずんでしまうのです。

角質化を起こさないようにセルフケアでしっかりと保湿をします。

また、締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂などで強くお尻を洗うことは避けます。
日常生活を見直すことで色素沈着などの予防にもつながります。