お尻は普段自分で見える部分ではなく、ケアを怠りがちになる部分でもあります。
気づいたときには、黒ずみやぶつぶつが出来ていたとびっくりすることもあります。

特に女性は、汚いお尻に恥ずかしさや悩みを感じてしまうことも多いものです。

お尻の黒ずみの原因

お尻は常に下着や服に覆われていて、外部からの刺激の多い部分です。また、座る動作はお尻に負担をかけます。
このように肌への刺激が多いと、肌は防御反応からメラニン色素をたくさん分泌します。それが黒ずみの原因になるのです。

またお尻部分は、入浴の際にシャンプーの流し残しや乾燥などからぶつぶつができてしまうこともあります。

肌は乾燥をすることで角質が厚くなり、毛穴を狭めてしまいます。
それによって皮脂が排出できなくなり、そこに細菌が繁殖してニキビなどが出来てしまう原因にもなります。

普段からのケアが大切

518959

人間は年齢を重ねると新陳代謝率が落ちて、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなります。
体の循環が悪くなることで様々な不調を起こしたり、肌のトラブルの原因になってしまいます。

このことからお尻の肌をきれいに保つには、普段のケアをしっかりすること、生活習慣を見直すことがとても大切なのです。

普段見えない部分ではありますが、汚いお尻は気分も落ち込みますし、恋人に対して恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。
しっかりとケアをすることが大切なのです。

お尻の黒ずみの解消方法

まずは、入浴の際にしっかりと汚れを落とすことを心がけます。シャンプーなどの流し残しがないようにします。
そしてその後、しっかりとした保湿をすることを日々の習慣にしていきます。

肌の内部まで保湿成分や美白成分を浸透させ、肌の表面をしっかりと保護する役割のあるクリームなどでケアします。
これにより古い角質が取れ肌への栄養が浸透していき、黒ずみやぶつぶつが消えていきます。

また、普段の生活も一度見直してみて、暴飲暴食はしていないか、肌に必要な栄養は摂れているか、適度な運動で血流を良くしているか、肌の生まれ変わりを促すホルモンの分泌が最も必要な夜間の睡眠はとれているかなどを考えます。

できていない部分は改善していくことで、肌のターンオーバーが整い、新しい肌への生まれ変わりが進んで汚いお尻ともおさらばできるのです。

普段の生活の習慣として、顔のケアと同じようにお尻の肌も大切にケアしていくことで、恥ずかしくないきれいなお尻になれます。
友人と温泉に行ったり、恋人とのデートが楽しくなるように、見えない部分こそケアをして肌美人になることが女性としての心がけなのです。