冬場はまだ素足を見せる機会が少ないので良いのですが、夏場になるとスカートを履いたり、水着になったりと素足を見せる機会が増えます。そういった時に足に黒ずみがあると、とても目立ってしまい気になってしまうと思います。

足に黒ずみがあることで汚く見えたり、老けて見えたり、生活感が感じられたりとあまり気分は良くないです。
そんな方のために足の黒ずみをとる方法について徹底的に調査してみました。

角質ケアの徹底

調査による足の黒ずみをとる方法ですが、まずスクラブを使って角質ケアを徹底しましょう。古い角質がそのまま残っていると角質が厚くなっていき、その部分に色素沈着が発生することによって、とても黒く見えてしまうのです。

そうした古い角質をとるためにスクラブで肌を傷つけないようにしながら優しく角質ケアを行なってください。
古い角質をとったあとは化粧水や保湿クリームでのケアを怠らないようにして、肌のターンオーバーも考えながらケアしていくのです。

この足の黒ずみをとる方法での注意点ですが、一度で黒ずみが全てとれる訳ではありませんので、スクラブで磨き過ぎないようにしてください。
肌にはターンオーバーがありますので、一度で全部とろうとすると逆に肌への負担が多くなりますから1週間に1度のケアを継続して行なっていくのが理想です。

黒ずみは徐々にとれていいきますので焦らないようにするのが良いでしょう。

保湿クリームの活用

保湿クリーム-2

また肌のケアに使う保湿クリームですが、通常の保湿クリームではなくて尿素配合のものを使うと良いでしょう。

尿素が配合されていると古い角質を溶かしながら浸透してくれますので肌の奥まで保湿成分が届きやすく、乾燥を防いでくれますから、黒ずみの再発防止にも役に立ちます。

スクラブは粒子が荒すぎると肌を傷つけますので、先ほども言いましたように期間を置きながら重曹などを使うと良いかもしれません。

日々のケアが大事

基本的に黒ずみは乾燥や日焼け摩擦などの肌への刺激によって起こりますので、日々のケアを徹底していれば防ぐことができます。

肌は外からの刺激のために角質を厚くして守り、乾燥での肌バリアへのダメージ、紫外線でのメラニン色素の発生等に加えて、肌のターンオーバーがくるってしまうことによって黒ずみが定着しますので、これらを打破してあげることです。
そのためにも肌への刺激を控えて、紫外線のケアを徹底して、保湿ケアは忘れない事が大事です。

足の黒ずみをとる方法はしっかりとしたケアほ行なえばとれますので安心してください。