黒ずみの悩みはなかなか相談できない部分です。
とくにまたの黒ずみはデリケートな部分ですので、悩んでいる人も多いかと思われます。
またの黒ずみがあると、自信を持って水着を着れなかったり、パートナーの目が気になるという場合はきちんと予防や対処をしていくことが大切です。

またの黒ずみの原因

またの黒ずみができてしまう原因はさまざまなものが上げられます。
肌は刺激を受けることで、防御反応としてメラニンを生成したり角質を層を厚くします。

とくにまたは下着を直接肌に当てる部分ですので、ゴム部分が常に触れていたり、タイトなジーンズを履くと動くたびに擦れてしまうなどの摩擦による刺激が受けやすい部分となっています。
刺激がメラニンを合成してしまい色素沈着に繋がり黒ずみとなってしまいます。

通気性の悪い場所でもあるためおりものや汗、ボディーソープにナプキン、
むだ毛処理などによってかぶれや炎症なども引き起こされやすく、酷い場合にはニキビやかぶれなども出てきてそれが刺激となってしまい色素沈着に繋がったりします。

また、生理や妊娠、出産などでおこるホルモンバランスの乱れや変化によって色素沈着が起こることもあります。

予防と対処法について

26-1

この黒ずみを改善していくためには、下着やセルフ脱毛による摩擦を避けることが大切です。

下着を身に着けないということは無理ですので、
かぶれや炎症を起こさないためには通気性の良い下着を身に着けるようにしていきます。
自分でケアしたいという場合には、色素沈着や肌のざらざらを改善させることのできる
高価のあるオイルやクリーム、ローションなどを根気よく使っていきます。

すぐに改善したいという場合には、クリニックで漂白効果のある外用薬、抗酸化作用が強い美白効果のある内服薬を処方してもらうなどをすることができます。

注意すべき点

またの黒ずみを作ってしまう原因に普段からの洗浄も上げられます。
または皮膚が薄いため、少しのことでも刺激になってしまうためまたを洗うときにも注意が必要です。

なるべく低刺激な石鹸を使うか、デリケートゾーン専用の石鹸を使ってたっぷり泡を立てて
指の腹で優しく洗っていくことが刺激を少なくデリケートゾーンを清潔にしていく方法です。

肌のターンオーバーを整えることもメラニンを排出するためには重要なため、
きちんと睡眠や食事に気をつけてターンオーバーを整えることによって、肌のバリア機能を取り戻して刺激に対して対抗力を持たせることも大切です。