サンダルを履こうとしたら足の黒ずみが気になる、ということもあると思います。
これは、生活習慣や年を重ねることによって新陳代謝が低下するなどの原因が重なることによって、くるぶしなどが徐々に知らないうちに黒ずんでしまうことによって引き起こされるのです。

足の黒ずみの原因

足の黒ずみの原因はさまざまなことが考えられます。
足の黒ずみはほかの部分の黒ずみと同様、摩擦などの刺激によって引き起こされます。

靴のストラップが当たることやハイカットの靴で擦れる、正座やあぐらなどが摩擦されることなどによってメラニン色素が生成され、肌を守るためにメラニン色素が黒ずみを作るのです。くるぶしなどの関節部分はとくに角質が厚く、ターンオーバーが緩やかなため色も定着しやすいとされています。

乾燥も原因の一つで、乾燥によってターンオーバーが乱れたり肌のバリア機能が低下することで紫外線の影響も受けやすくなります。
サンダルなどを履いていれば、紫外線による刺激もメラニン色素を生成させてしまい肌を黒ずませてしまいます。

足の黒ずみのケア方法

重曹

黒ずみの原因は厚くなってしまった古い角質とメラニン色素によるものです。
ケアする方法としては、原因のことを考えてまず古くなった不要な角質を除去していくケアが必要です。とくべつなケア用品などは必要なく重曹でケアすることができます。

食用の重曹と水、化粧水と保湿クリームを用意し、大さじ1杯の重曹に水小さじ1杯を加えてペーストを作っていきます。

ペーストができたら気になる黒ずみに塗り、指の腹で円を描くように優しくマッサージを行ない洗い流します。

タオルで摩擦を与えないように水気を拭き取ったら、化粧水で保湿をし、保湿クリームで保護していきます。

これは古い角質を除去しながら新陳代謝を整えることを目的としており、月に1〜2回のペースで行なうことをおすすめします。

予防するためには

足を綺麗にしたいという場合には、まず足の黒ずみを作らないことが重要です。

足を綺麗にしていくためには日頃のケアが重要で、摩擦を避けてメラニン生成を行なわない、保湿をして古い角質を溜めないようにする、日焼け止めや靴下をはいて紫外線を避ける、新陳代謝を高めるために良質な睡眠をとったり、入浴や運動などで血行をよくする、栄養バランスの整った食事をする、身体を冷やさないよいうにするなどのことがターンオーバーをスムーズにするためには必要となります。