足に関する悩みの中で、くるぶしの黒ずみに悩んでいる人は意外と多いものです。
特に暖かくなるこれからの季節、ミュールやサンダルなど足元をおしゃれにを見せるファッションを楽しみたいですよね。
そんなときのために、黒ずみの原因と解消方法を見ていきましょう。

古い角質の蓄積が黒ずみに

くるぶしを触ったときに厚く潤いが少なく感じたことはないでしょうか。
正座やあぐらによって、くるぶしは意外にも刺激を受ける部位です。
刺激により肌も角質も厚く硬くなってきてしまいます。

硬い皮膚は生まれ変わりのスピードも遅くなってしまい、より古い角質が蓄積されやすくなってしまいます。
さらに、そうなると潤いを溜めておく機能も低下するため乾燥しやすく
ごわごわした手触りになる他、さらに新陳代謝が遅くなるという悪循環に陥ります。
肌の生まれ変わりがうまくいかなくなることにより古い角質が蓄積され、黒ずんでしまうのです。

そんなときはワセリンを塗って保湿をしたり、スクラブなどで定期的にピーリングすることをおすすめします。

肌の生まれ変わりの周期がおおよそ28日なので、そのくらいの期間を目安にケアを続けていくことで
黒ずみの改善をすることはできるでしょう。

血行不良も原因に

29-1

古い角質の蓄積により新陳代謝のスピードが落ちる以外にも、
特に足元は冷えによる血行不良になりやすい多い部位です。

血色の悪さから全体的に黒ずんで見えてしまうのです。
普段シャワーだけという人は湯船にしっかり浸かってリラックスをしたり、マッサージをするなど日々の習慣を変えて血行改善に取り組みましょう。

また適度な運動を心掛けて、体全体を温めるようにするのも良いでしょう。

姿勢や生活習慣でも黒ずみができる

正座やあぐらなどでくるぶしに刺激を与え続けると、その摩擦や刺激に対して、
肌が内側からメラニンを作って守ろうとすることがあります。
その結果毎日の生活習慣の積み重ねによってメラニン色素ができてしまい黒ずみが沈着してしまうのです。

できてしまった黒ずみに関してはしっかり保湿や角質ケアをすることで肌の生まれ変わりを促進させながら
徐々に改善させていきましょう。

そして根本的な改善としては、座り方を見直したりなどくるぶしに必要以上の刺激を与えないように気をつけることが大切です。

お風呂上りのケアや毎日の生活習慣を変えることにより、黒ずみは改善されていくことでしょう。
しかし、少しずつ時間をかけて変化するものなので、春夏に向けてのケアは今から取り組みたいところです。