女性器の悩みはデリケートな問題ですので、悩みがあっても人には相談しづらいものがあります。
形、大きさなどで悩んでいる人も多いですが、特に黒ずみが発生しやすい部分ですので、肌の色で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

黒ずみが発生する原因

女性器に黒ずみが発生してしまう原因も知っておきたいですが、まず肌は紫外線や摩擦などの刺激があると皮膚を守ろうとしてメラニン色素が多く出る傾向にあります。
女性器は紫外線にさらされる場所ではありませんが、もともとデリケートな部分ですし、何かと刺激を受けやすくなっています。
下着や生理用品でのすれが刺激となることもありますし、さらにストッキングやタイツ、スリムタイプのパンツなども肌が擦れて刺激になりやすい傾向にあります。

日常生活での注意点

お茶する女性

さらに妊娠やストレスなどでホルモンバランスが変化したときもメラニンが多く出る傾向にあります。
このほかで女性器の黒ずみになる原因としては、トイレットペーパーでの刺激、さらにお風呂でゴシゴシ洗い過ぎてしまうこと、アンダーヘアによる摩擦、間違ったムダ毛処理、ターンオーバーの衰えなどもあげられます。

さらにデスクワークなどで長時間座っていることも刺激を与えやすいので、こちらも注意が必要です。
改善策としては、下着の素材をより優しいものにしたり、補整下着などの締め付けの強いものは避けたほうが良いでしょう。
生理用品でかぶれやすいという人はより刺激の弱いものに替えてみるのも良いですし、良いものが見つからないという場合は布ナプキンを試してみることもおすすめです。

黒ずみの予防と対策

清潔にしておくことはもちろん大切ですが、デリケートゾーンを洗うときもタオルやスポンジでゴシゴシこするのではなく、指と泡で優しく洗うよう心がけましょう。
そして、この場合も一般的な石鹸やボディソープでは肌に刺激になりやすいので、デリケートゾーン専用の石鹸を選ぶこともおすすめです。

そして睡眠不足などの生活週間の乱れも、肌のターンオーバーの機能を落としてしまうことにつながりますので、生活習慣の改善なども行っておきましょう。
それから、デリケートゾーンは意外と乾燥もしやすい部分ですので、保湿ケアをしっかり行っておくことも大切です。
一般的な保湿化粧品では刺激が強すぎる可能性もありますので、デリケートゾーンにも安心して使えるものを選ぶことがおすすめです。
さらに保湿だけではなく、美白成分も入っているものなら、より早く黒ずみを改善することもできます。