密かな悩みとして、VIOパーツの黒い色を気にする女性は少なくはないです。
原因は摩擦や自己処理などがありますが、努力次第で解消をしていくことは可能です。

外的な摩擦から素肌を守ろう

VIOパーツは皮膚が薄いですし、常に外的な摩擦を受けていることからも、黒ずみやすい場所です。VIOの黒ずみお改善していくためには、刺激や摩擦を与えている、下着や衣類を見直していくことです。

ポリエステルが多く含まれてる下着を着用するのを控えて、皮膚にとって優しい素材を選びましょう。赤ちゃんの衣類にも使用されるような、オーガニックコットン素材などは、肌にとってもソフトで強い摩擦にもなりません。

吸湿速乾加工を施している通気性がいい下着屋、シルク素材のショーツなどもいいでしょう。ショーツのサイズはキツすぎない、ヒップのラインにフィットしたタイプを選ぶことも必要です。

デリケートゾーンには美白のケアを

顔を触る女性

VIOゾーンの黒ずみ海鮮として、美白のケアをすることも必要です。デリケートゾーンは黒ずみやすく、何もお手入れしないままでは色素沈着したままです。顔の肌を明るい色にしたいときには美白クリームを使用しますが、デリケートゾーンも同じ肌なので、美白クリームでのケアは良い方法です。

顔用の美白クリームも良いですし、デリケートゾーン用に市販されている美白クリームを使用するのもいいでしょう。市販品以外にも、皮膚科で処方される、医薬品の美白クリームを使用することもできます。

レチノイン酸クリームハイドロキノンクリームは、肌の美白剤として皮膚科でも処方をしている医薬品です。市販品とは違い医薬品ですので濃度も高く、使用方法は必ず守る必要があります。ハイドロキノンクリームは毎日のケアで塗布することで、メラノサイトの活動を抑制しますから、メラニンを抑えることになります。レチノイン酸クリームも美白には大変効果的です。皮膚が乾燥しやすくなりますので、合わせてデリケートゾーンにも、保湿のスキンケアをしましょう。

VIOの黒ずみ解消には脱毛も効果的

現代ではデリケートゾーンの脱毛をする人はとても多くなりました。ムダ毛のない快適さは、自己処理からの開放にもなりますし、衛生面でも効果的です。

エステサロンの光脱毛のマシンは、もともとは美顔器です。光脱毛の危機はフォトフェイシャルの危機と同じ原理ですから、脱毛をしながら美白効果をもたらすことになります。シミを薄くしていくのに使われるのが、美顔器のフォトフェイシャルのマシンです。光を肌の照射することで肌の奥のメラニン色素を撃退していくことができます。
ムダ毛を減らしながら、肌の黒ずみも薄くしていくことができます。