ムダ毛処理の中でも、Vラインは処理法方を間違うと、黒ずみの原因となるため、正しいケア方法を知っておくことが大切です。

間違った処理は、トラブルの原因

Vラインは、身体の中でも、メラニン色素が遠く、衣服や下着による摩擦や刺激にも弱い箇所なので、日々のムダ毛処理をするには、本当に必要な部分だけにとどめておくことが大切です。

よく自己処理で、カミソリやはさみなどで Vラインを処理する人がいますが、これではどうしても毛の切り口が斜めになってしまい、ちくちくしたり、下着から突き出てしまうことがあります。
そういったトラブルと回避するには、ヒートカッターなどで熱線カットすると、毛先が丸くなるため、下着から突き出したり、ちくちくすることはありません。長さを調整した程度であれば、ヒートカッターがおすすめです。

アンダーヘアは、デリケートな部分ですから、毛抜きで抜くと、皮膚が硬くなりけが皮膚の下に埋もれたり、ニキビに似た炎症を引き起こすこともあります。

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

7--25

デリケートゾーンの自己処理は、デメリットが大きく、肌トラブルを起こすことも少なくありません

数年前に流行した、ブラジリアンワックスは、ミツロウなどの温めたワックスを皮膚に塗布し、冷えて固まった所を一気にはがす脱毛方法で、毛抜きなどよりも皮膚への負担は少なく、Vラインの場合には、効果が2週間ほど続くうえ、ちくちくとした不快感もなく、アンダーヘアのお手入れとしては適した方法です。

ただ、かぶれや赤みなどの肌トラブルをまねくリスクもあり、どんな自己処理やムダ毛ケア商品を使用しても、肌へのダメージは避けられません。

Vラインの黒ずみ防止するには

Vラインの黒ずみの原因は、下着と自己処理脱毛と考えられています。
下着と肌の間に摩擦が起こることで、長時間こすれてしまい、肌が刺激されて黒ずみの原因となってしまいます。
下着が原因の黒ずみの場合には、Vラインに刺激を与えない下着を選ぶことで解消します。

一方自己処理脱毛による刺激による黒ずみは、すぐにけが再生してしまうため、間隔を空けずに何度も処理することで、より肌のダメージを強くし、さらに黒ずみを濃くしてしまいます
もっとも効果的な方法は、エステサロンや皮膚科での処理ですが、すでにできてしまった黒ずみをケアするには、普段顔につける美白ローションを塗ることで、少しずつ薄くなっていきます。