女性器の小陰唇は、大変デリケートな部分ですし、メラニン色素が生成しやすい部分なので、黒ずみで悩んでいる人が増えています。
普段は人目に触れる部分ではありませんが、トイレに入ったり、お風呂に入った時に気になっている人がほとんどです。

小陰唇は摩擦を受けやすい部分

小陰唇は、下着などで擦れて摩擦を受けやすい部分ですし、生理用品やおりものシートを使用することが多いので、
蒸れやすく、色素沈着が起こりやすくなります。

仕事や学業で忙しい人は、就寝するのが遅くなってしまい、睡眠不足を感じている人が多いですが、皮膚のターンオーバーが乱れてしまうので、普段から朝型の規則正しい生活を心掛ける必要があります。

小陰唇の黒ずみは、成長ホルモンの影響なので、子供の時は目立たず、思春期の年代や大人になってから、
気になってきたと感じている人が多いです。

お風呂に入った時に清潔を保つ必要がありますが、タオルなどでごしごし擦らずに、
お肌に優しい無添加の石鹸を泡立てて、優しく指で丁寧に洗うようにしましょう。

陰部専用のクリームで美白に

01

小陰唇の黒ずみが気になっている人は、陰部専用のクリームが販売されており、
美白成分が含まれている商品が揃っているので、毎日にお手入れに使用すると良いでしょう。

他の体の部位に使用するクリームは、お肌に刺激が強いので、陰部専用の商品を使用すると安全性が高いので、安心して使用できます。

入浴後などの生活になった陰部に、専用のクリームを適量塗っておくことで、少しずつ黒ずみが目立たなくなってきます。
効果には多少の個人差があるので、しばらくの間は根気よく使用する必要があります。

肌に優しい素材の衣類や下着類を着用する

普段の生活では、サイズの合わない下着類やタイトなボトムスなどは控えるようにして、
お肌に優しい素材の衣類や下着類を着用することも大事です。
小陰唇は大変デリケートな部位なので、入浴をする時やお手入れをする時は、優しく丁寧に行う必要があります。

若い年代の女性は、小陰唇の黒ずみが原因で、異性との交際に消極的になってしまう人が多いので、
美容外科の医師に相談してみると良いでしょう。
美容外科に通院をすると、専用の塗り薬などを処方してくれるので、しばらくの間は続けてみると良いでしょう。

女性は生理周期があり、ホルモンバランスが崩れやすいので、普段から過度なストレスを溜めないようにしたり、
栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。

多少は誰でも、黒ずみがある部分なので、あまり神経質にならないようにしましょう。