女性器の黒ずみは本人にしかわからない悩みで、深刻なものです。
人に相談するのも恥ずかしいし、医師に相談すると言ってもどこかが悪いわけではなく、ただ黒ずみというだけで、しかしながら何とかしたいと感がえる人も多いでしょう。
女性器の黒ずみについて原因や予防法を説明してゆきます。

黒ずみの原因は人それぞれ

女性器が黒ずむのは、何も特別なことではなく、人間に備わった防衛機能です。肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を出し、肌を黒ずませます。
乳頭や脇、肘などが黒ずむことがありますが、これらは女性にとっていわゆるデリケート部分となり、この部分が黒くなるのには、それなりの原因があります。

よく、女性器が黒くなっている人は複数の異性との性行為による影響であるという噂が流れていますが、性経験が多いからと言って、性器が黒くなることはありません。
男性とお付き合いを始めても、女性器が黒ずんでいることが気になり、肉体的な関係に発展できず、それ以上恋愛が発展しないケースもあるでしょう。

黒ずみを解消し、予防するにはどうすればよいのか?

女性-ストレス

露出する部分の場合紫外線などの影響も考えられますが、脇や乳頭、陰部となると紫外線にあたるということはありません。
ただ、新陳代謝が悪くなると、肌の黒ずみが出ますので、とくに陰部の場合は黒ずむことがあります。

また、デリケートゾーンは女性ホルモンの影響を受けやすく、エストロゲンやプロゲストロンという女性ホルモンの分泌が衰えることでデリケートゾーンを黒くすることがあります。
若い女性の場合でも、このようなことは起こり、月経周期が乱れることや、ホルモンバランスを崩す原因でもあるストレスや生活習慣の乱れなども原因となります。

さらに、密着度の高い下着を着用することで、摩擦により黒ずむこともあります。
レースを用いた化学繊維の素材から絹や綿などの天然繊維の素材の下着にすることなどが良いでしょう。

最後に

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、以上で説明した以外にもあり、体質的な影響もあれば、とくに問題が無くても元々黒っぽいという人もおられます。

ただ、デリケートゾーンは露出しない部分で、どうしても不衛生になりがちです。そのため、いつも清潔にしておくことが大切です。

肌のターンオーバーを高めることも大事で、正しい生活習慣を身に着け、バランスのとれた食生活を送ることです。
ターンオーバーが活発となるのが睡眠時であり、深夜に十分な睡眠がとれていることで体のリセット機能が働き、ターンオーバーをすすめます。