洗って清潔にしているのに、女性にとって、とても気になるアソコの臭いについて、対処法などを考えてみました。

アソコの臭いがきになるのはなぜ?

あそこの臭いや黒ずみを、気にする人は少なくありません。人に相談しづらい場所だから、自分だけ特別なのかと悩んでしまうこともあるでしょう。

でも、アポクリン腺や皮脂腺がたくさんあって、陰毛や、下着で覆うことで臭いがこもりやすいアソコは臭いが発生しやすい場所なのです。アソコの臭いは、女性に多い悩みですが、分泌液が多く、複雑な形をした女性器は、男性器に比べ、臭いを感じやすいともいえます。

わきの臭いと同じく、アポクリン腺からでる汗が原因のスソワキガもありますが、一般的な臭いであれば、自分でケアしてみるのも一つの方法です。

ていねいに洗って、臭いの予防を

0406-3

アソコの臭いが気になる場合は、毎日のお風呂でていねいに洗ってみましょう。
男性器は露出部分が多いので、亀頭の汚れを残さないように、包皮の中までしっかり洗います。女性器は、溝やヒダなど凹凸も多く、汚れがたまりやすい外陰部を、ていねいに洗いましょう。

反対に膣の中は、常在菌が膣内を酸性に保ち、雑菌や真菌の繁殖を抑えているので、洗いすぎないようにします。常在菌が排除されて膣内が中性化されると、臭いのもととなる雑菌が繁殖しやすい環境になるので、気をつけてさっと、流す程度にしましょう。

女性は、自分のデリケートゾーンをよく見たことない場合も多いでしょう。これを機に、観察してみて、自分の体の一部であるアソコを知ることも大切です。

アソコの臭いが気になる人の洗い方は?

女性器を洗うポイントは、外陰部をていねいに洗うことです。女性器には、分泌液や皮脂、トイレットペーパーなどの繊維が汚れとなって残りやすいので、お湯で流すだけでは落ちません。

石鹸を泡立てて、指をつかい、大陰唇と小陰唇の間の溝や凸凹まで、ていねいに優しくこすりましょう。刺激が強い石鹸などで、ゴシゴシ洗うのは避けます。

最近は、デリケートゾーン用の石鹸で弱酸性のものや刺激の弱いものが出ていますので、利用するのもいいでしょう。臭いをおさえる成分や黒ずみを防ぐ成分が配合されているものを使うと、より効果的です。

洗った後は、時間をかけてしっかりすすいで、汚れを残さないようにします。下着をつける前にも、よく水分をふき、乾かしてからにすると、水分を好む雑菌の繁殖を抑えることができます。気になるアソコの臭いや黒ずみは、きちんとケアして快適にすごしたいものです。