デリケートゾーンの黒ずみをキレイにするケアは、日常の中での些細な努力の積み重ねです。

摩擦も常にありますし乾燥もしやすい敏感な皮膚状態なので、色素沈着は起こりやすく、その反面、ケアで改善を期待することはできます。

デリケートゾーンは皮膚の弱いパーツ

デリケートなパーツの皮膚は、全身の中でもとても薄い場所です。常にシーツやパンツなどの摩擦や刺激を受けているパーツでもあります。

その刺激によって皮膚には炎症が起きたりして、色素が黒くなっていきます。摩擦は弱くても継続してあるために、皮膚は黒く変わりやすいのです。

加えて意外と乾燥をしやすいのも、デリケートなパーツの特徴です。
乾いたデリケートパーツの皮膚は、余計に皮膚に炎症を起こしやすくなり、乾きやすく色素沈着をしやすくもなります。

下着の素材やサイズにも意識を

009d07932f73d5d_s

デリケートゾーンは衣類の刺激をとにかく受けやすく、毎日身につけるショーツなどの下着やピタピタのジーンズ、パンツも、皮膚を黒くする要因となります。

まずは下着の素材に注目をして、安価で摩擦を起こしやすい素材は、安いからとか見た目が可愛いという理由だけで選ばないことです。

ショーツなどの素材は肌に優しいかを基準として、綿や絹などの優しい素材を選ぶといいです。
ショーツのサイズはキツイと締め付けてしまうので、ある程度のゆとりがあってフィットするショーツを選びます。

おしゃれでピタピタのジーンズやパンツを着用することもありますが、それも摩擦を起こして、デリケートなパーツに黒ずみを起こさせます。
できるだけパンツやジーンズも、ゆとりがあって下半身を締め付けないサイズや、ゆとりのあるデザインを選ぶようにしましょう。

保湿と美白のコスメでコツコツとお手入れを

デリケートなパーツの黒ずみ改善対策には、たっぷりのスキンケアで保湿をしましょう。
顔のスキンケアはするけれど、アンダーゾーンのスキンケアは普段したことがないという女子は多いです。

顔のスキンケア同様に、化粧水とクリームでのケアを、バスタイムの後にすれば大丈夫です。
ローションでアンダーパーツも保湿をして、乳液などで肌をしっとりとさせましょう。

アンダーパーツを白く美白をしたいのですから、専用の美白クリームも毎日のお手入れで肌に塗りましょう。
フェイス用美白ミルクでもいいですが、専用のデリケートゾーン用のホワイトニングクリームを使用してもいいです。