水着姿になって、毛がはみ出したりするといやだから脱毛したいと考えた時、Iラインの黒ずみが気になります。
こんな状況で、Iラインの脱毛をできるのでしょうか。

Iラインの黒ずみの原因について

デリケ-トゾーンの脱毛を考えた時、その部分をよく見ると、ほかの体の部分に比べて黒ずんでいます。
デリケートゾーンの皮膚は、身体の他の部分より、薄くて弱いのです。

その部分は下着がこすれたり、脱毛の自己処理を繰り返すことによる刺激に対して皮膚を守ろうとして、メラニン色素をたくさん作ります。ナプキンやおりものシートやトイレットペーパーの刺激も黒ずみの原因となります。

さらに、下着や洋服の圧迫も角質層を厚くして黒ずみをふやしますし、ストレスや食事の乱れも皮膚のターンオーバーを遅らせ、角質層を厚くして黒ずみをふやしますし、妊娠すると、ホルモンバランスが変わって、さらに黒くなる場合もあります。
Iラインが黒くなっているのは、殆どの女性で起きている事です。

黒くなったIラインの脱毛はできるのでしょうか

考える女の子

デリケートゾーンが黒くなっているのは、殆どの女性で起きている事なので、脱毛サロンでは肌をケアしながら施術してくれますので、安心して施術を受けられます。

医療レーザーでは出力が高いので痛みは強くなりますが、麻酔を用いて施術をする場合もありますし、美白軟膏とか美白ローションを処方して、日常はそれでケアをしながら、脱毛をします。

脱毛サロンでの対応ですが、各サロンにより異なり、まずカラーチャートで判断して、脱毛できるか否かを決めるところとか、色素の色により、出力を調整して行うところもあります。

Iライン色素沈着の対策

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、日々の生活の刺激摩擦によるダメージで皮膚が乾燥しているからです。
粘膜部分以外のところに、ボディクリームや、なければ顔につける化粧水や乳液やクリームなど保湿性の高い物をつけましょう。

また、デリケートゾーンは常在菌の自浄作用により弱酸性を保ち雑菌の発生をおさえていますので、ボディソープなどで洗いすぎると、帰って常在菌を殺して、臭いを派生させてしまう場合があります。デリケートゾーンは優しく泡立てた弱酸性の石鹸で洗う程度にしておきましょう。

黒くなっていることの対策としては、まずバランスのとれた食事と規則正しい生活で、皮膚のターンオーバーがうまくよく用に心がけましょう。

次にデリケートゾーン用の美白クリームを使用する事です。それはデリケートゾーン専用コスメの中から選びましょう。
まず大切な事は、美白成分のビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタがふくまれていることと、肌荒れ防止剤のグリチルリチン酸2Kがふくまれていることと、保湿成分がふくまれていることと、無添加な物を選びましょう。