デリケートゾーンのムダ毛を自己処理している女性はまだまだ多いようです。

自分でいつでもデリケートゾーンをツルツルにできるのが自己処理のメリットですが、お肌にダメージを与えやすいデメリットの部分も無視できません。
あまり頻繁にデリケートゾーンの自己処理を繰り返していると、様々な肌トラブルが発生するおそれがあります。

負担のかかる自己処理はなるべく控えましょう

電気シェーバー等で剃ったり、脱毛クリームで除毛する等、自己処理にはいくつかの方法があります。最近ではワックス脱毛も自分で気軽に行えるようになっています。

このような便利な脱毛グッズが増えていることもあり、自己処理は以前よりも行いやすくなってきましたが、あまり頻繁に行うことは避けた方が良いでしょう。

特にお肌を傷めやすいのが、毛抜きやローラー式脱毛器でムダ毛を無理に引き抜いてしまう処理方法です。
濃くて太いムダ毛が密集して生えやすいデリケートゾーンを毛抜き等で無理に処理していると、埋没毛や色素沈着のような肌トラブルが発生する可能性が高くなります。

どうしても引き抜いて処理したい場合は、お風呂場などでムダ毛とお肌をよく温めてから丁寧に引き抜いていきましょう。

お肌に優しい脱毛方法で埋没毛や色素沈着を防ぐ

273757

埋没毛とは、再生したムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまう症状です。

デリケートゾーンを自己処理していて埋没毛に悩まされた経験のある方は少なくないでしょう。
無理に埋没毛を引き抜こうとするとお肌を傷めてしまう可能性があるので、自然治癒するのを待った方が無難です。

また、お肌に負担のかかる自己処理を継続していると、お肌が色素沈着を起こして黒ずみが目立ってしまうおそれもあります。

自己処理は基本的にメリットよりも肌トラブルが発生するデメリットの方が大きくなるケースがほとんどです。
肌トラブルを予防するためにも、自己処理はなるべく控えてお肌に優しい脱毛方法でハイジニーナを目指すことをおすすめします。

サロンの光脱毛で黒ずみを解消しながらハイジニーナに

お肌に負担をかけないようにハイジニーナを目指したい場合は、サロンで光脱毛施術を受ける方法もあります。
クリニックのレーザー脱毛は出力が高い分、黒ずみにも反応してお肌を傷めてしまう可能性があります。

しかし、サロンの光脱毛はお肌に優しい施術でレーザーほど出力は高くないこともあり、黒ずみが目立っている場合でも安心して脱毛していくことができるでしょう。

また、美白効果のある光脱毛施術を受けることで、シミや黒ずみの改善効果も期待できます。
自己処理を卒業して綺麗なハイジニーナになりたい方は、サロンの光脱毛施術を検討してみるのも良いでしょう。