女性が他人に言えない悩みのひとつは、デリケートゾーン周辺の肌の色が、他の部分に比べると、黒ずんでいることですが、通常は下着に隠されているので、誰にも知られることはありません。

しかしエステサロンや美容クリニックでハイジニーナ脱毛を受けるときや、産婦人科で診察を受けるとき、温泉に出かけたときなどは、見られてしまうので、何とかしたいと思っている方もあるでしょうね。
そのまま放っておいても、綺麗な肌には戻らないので、色が悪くならないよう、普段から気を付けることが大切です。

黒ずみが出来る原因は

デリケートゾーン周辺は、常に下着に覆われ、蒸れやすい状態になっているため、汗や摩擦により、肌が黒ずみやすくなります。
一度黒ずんでしまった肌を、元の綺麗な肌に戻すには時間がかかるので、普段から入浴を欠かさないようにして、清潔に保つようにしてください。

肌が乾燥するのも、色素沈着の原因になりますから、風呂上りには、下着がこすれる部分に保湿ローションをたっぷり塗るなどして、対策しなければなりません。
特にVIOラインに生えているムダ毛を、カミソリなどで自己処理すると、余計に肌の色が悪くなってしまうので、注意が必要です。

夏に海やプールへ行く前に、ツルツルの状態にしたいときは、エステサロンや美容クリニックで、ハイジニーナ脱毛を受けるようにしましょう。

黒ずみの消し方

美白ケア

デリケートゾーン周辺に出来る黒ずみは色素沈着なので、顔のシミと同じく、一度出来てしまうと、自力で消すのが難しくなります。
エステサロンや美容クリニックで相談すれば、フォトフェイシャルなどの光照射により、シミの元となるメラニンを撃退することが出来ます。

サロンやクリニックで行われている脱毛も基本的には同じ原理で、光を使いますから、ハイジニーナ脱毛を受ければ、色素沈着が薄くなるといわれているので、黒ずみが気になる方は試してみるようにしましょう。

肌に優しいハイジニーナ脱毛

乾燥したり、汗をかくと、その部分の肌を守ろうとする体内の保護機能が働くため、メラニンが増え、色素沈着が起こります。
肌に負担の大きい自己処理を続けると、色素沈着しやすくなりますから、VIOラインのムダ毛をなくしたいときは、肌に優しい施術が出来るサロンやクリニックへ行って、ハイジニーナ脱毛を受けてください。

サロンやクリニックで使用している脱毛用の機器は、肌に負担をかけずに、毛根だけにダメージを与えられるので、肌の色が悪くなる心配がありません。
施術後の保湿を忘れないようにすれば、肌の色が悪くなることはないでしょう。