なかなか言えない女性の体の悩みの1つに、デリケートゾーンの黒ずみがあげられます。
そもそもどうして黒ずんでしまうのか?その原因と効果的な黒ずみ対策方法をご紹介します。

黒ずみはなぜできるのか?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素といわれています。
さらにデリケートゾーンに限らず、脇や乳首の黒ずみに悩んでいる人もいるように、これらの部位は他のところに比べてメラニン色素が活発に作りだされている部位と言えます。

メラニン色素とは本来、紫外線によるダメージから肌を守るために作りだされるものですが、デリケートゾーンの場合は下着による摩擦から肌を守ろうとするため、活発に発生してしまうのです。
入浴時以外はほぼ下着をつけていることから、メラニン色素が発生しやすい条件と言えるのです。

このメラニン色素を薄くして、つまり黒ずみを解消するためには肌が本来持っている生まれ変わりの機能であるターンオーバーを活発に促す必要があります。

本来であればこのターンオーバーは28日前後で行われているのですが、加齢による代謝機能の低下や、下着による摩擦のため肌が弱くなっていたりなど、デリケートゾーンはターンオーバーが遅くなりやすく黒ずみが残りやすいと言われています。

家庭でできる黒ずみ対策

肌断層

黒ずみを解消するためには、下着による肌への刺激をできるだけ抑え、かつ肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常に促すことが大切です。
そのためにはできるだけ肌に優しい下着を選んだり、黒ずみ専用のクリームを付けることなどの対策がおすすめです。

黒ずみ専用のクリームは、即効性はないものの数カ月継続して使用していると少しずつ黒ずみが薄くなるなど効果実感のある人も多い対策方法です。
継続して使用できるよう定期コースになっていたり、返金保証制度など色々な特典が用意されているものが多いので、いくつか試してみて、自分にあるものを選ぶと良いでしょう。

クリニックでできる黒ずみ対策

思い切って美容クリニックに通うのも対策の1つです。
美容クリニックでは、ターンオーバーを促すためのケミカルピーリングなどの治療の他、根本的に解決したい人のために黒ずみ部分を切除する手術も行っています。

切除してしまうことで部位自体が小さくなり、摩擦しにくくなり再発防止にもなります。
家庭でのケアよりも格段に費用は高くなってしまいますが、確実に黒ずみ対策をしたいという人は一度相談してみても良いでしょう。