デリケートゾーンにいつの間にか黒ずみが、そんな経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
普段は見られない部分ですが、いざという時彼氏に遊んでいると勘違いされては大変です。
そんな嫌なデリケートゾーンの黒ずみのケア方法についてご紹介します。

デリケートゾーンに黒ずみができるわけ

そもそもデリケートゾーンが黒ずむのはわけがあります。それは肌が弱いからです。
シミやそばかすの原因となることから嫌がられる存在のメラニン色素ですが、実は黒ずみもこれが原因なのです。

日に焼けるとこんがり小麦色になりますが、これはメラニン色素が大量発生したためです。
過度な紫外線は肌に有害です。そこでバリア機能として働くのがメラニン色素です。
これによって肌内部が深刻なダメージを受けずに済むわけです。

本来であればターンオーバーとともに肌の外側に排出されますが、加齢やストレスなどでその周期が乱れると肌内部に残ったままとなり、そのまま色素沈着するわけです。
デリケートゾーンは日焼けはしませんが、下着との擦れ、そしてカミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理などが肌への大きな刺激となり、ダメージを受けないためにメラニン色素が発生、そのため黒ずんでいくわけです。

また肌の防御機能として角質を厚くする、角質肥厚も黒ずみの原因です。
上記のような刺激から肌を守るため、肌の一番外側にある角質を厚くする、これも黒ずみの原因となります。

具体的なケア方法とは

コットンパンツ

具体的なケア方法としては、まずは過度な刺激を与えないことです。
擦れという刺激を防ぐため、下着はサイズの合ったもの、そしてできればオーガニックコットンやシルクなどの天然素材のものを選びましょう。

カミソリや毛抜きなど肌に強い負担をかけるムダ毛処理はやめて、肌に普段の少ない方法、理想が光脱毛やレーザー脱毛などに切り替えましょう。
それともう一つ重要なのが保湿です。
肌の一番外側の角質層は外界の刺激から肌を守るためのバリア機能を果たします。

ただ、そのためには潤いが必要なのです。
専用の保湿クリームがあればベストです。
美白効果のある専用クリームもあるので、使ってみるといいかもしれません。

ケアを見直せばいつの日かきれいな肌に

今は黒ずんでいるデリケートゾーンでも、身に付ける下着を見直すこと、ムダ毛処理方法を見直すこと、そして保湿ケアをすることと、日々のケア方法を見直すこといつの間にか見違えるようなきれいなお肌になっていることでしょう。