デリケートゾーンの黒ずみに関する悩みを持っている人は意外にも少なくありません。
そしてほとんどの人が恥ずかしくて誰にも相談できるにいるのです。
そんな黒ずみの原因とケア方法にはどんなものがあるのでしょうか。

デリケートゾーンが黒ずむ原因は?

デリケートゾーンが黒ずんでしまう主な原因はメラニン色素だと言われています。
この部位は体の中でもメラニン色素が多く存在しており、少しの刺激でも黒ずみができやすいのです。
デリケートゾーンは皮膚が薄く刺激に敏感な部位です。

入力時以外は基本的には下着を着用しているため、
摩擦を常に受けやすい状態にあると言えます。
摩擦による刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成され、黒ずみができやすくなってしまいます。

また、ホルモンバランスが不安定になることで肌の生まれ変わりが乱れることも原因の1つと考えられています。

自宅でできるケア方法とは

21-1

できるだけ刺激を少なくするために、天然素材の肌に優しいものや吸湿速乾性の高い下着を選ぶようにすると良いでしょう。

またサイズがきつすぎる下着も肌への負担が大きくなってしまうので、
締め付けの強すぎない適度なゆるみのあるものを
着用するのように心がけましょう。

さらに、メラニン色素を薄くするには肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促すことが大切です。
デリケートゾーンの代謝を促す専用のクリームや美容液などを試してみるのも良いでしょう。

ただし、肌のターンオーバーは通常約28日周期なので即効性があるものではありません。
また、顔の皮膚と違って常に下着をつけているデリケートゾーンは
より生まれ変わりのリズムが乱れがちです。

日々のケアの積み重ねによって少しずつ改善していくものなので、神経質になりすぎに根気強く続けることも大切です。

美容クリニックへ相談するのも1つの方法です

どうしても自宅ケアだけでは不十分と感じる場合は、美容クリニックに相談してみるのも1つの方法です。

クリニックではメラニンの生成を抑えるための強力なハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームなどを処方してもらうことができます。
また即効性や確実性を求める場合にはレーザー治療が良いでしょう。

うぶ毛のメラニン色素に反応させることで脱色を行う方法で、一度照射すれば1~2か月ほど効果を持続させることも可能です。

いかがでしたか?
日々のケアを丁寧に積み重ねながらも、どうしても改善させたい場合はクリニックを利用するなど
自分にとって適切なケアをしていきましょう。