デリケートゾーンの黒ずみが気になるという人も多いでしょうが、場所が場所だけになかなか相談できないという人も多いです。
ここではそんな人のために、黒ずみの対処法や効果的なクリームを紹介しています。

黒ずむ原因について

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、いろいろ考えられますが、一般的には摩擦や刺激、圧力が加わることが原因となります。
摩擦や刺激が加わると、皮膚が皮膚を守ろうとして角質が厚くなります。
それを返すと自然に黒ずむ原因となります。

さらに黒ずんだ皮膚は、色素沈着をおこすとなかなか落ちなくなります。
カミソリなどで頻繁にムダ毛の自己処理をすると、黒ずむ原因になります。

デリケートゾーンのムダ毛の自己処理は、できるだけ控えることが大事ですが、それは難しい場合は保湿クリームなどで、しっかり保湿をすると黒ずまなくなります。

黒ずみの対処法

マッサージ

皮膚が硬くなればなるほど、黒ずむ原因になるので、皮膚を柔らかくすることが大事です。
皮膚を柔らかくするためには、湯船にゆっくり浸かることが大事です。
湯船にゆっくり浸かり、柔らかくなったら優しくマサッサージするといいでしょう。
余分な皮膚がはがれて次第に黒ずまなくります。

皮膚を強くかいたり、こすりすぎると皮膚のバリアは壊れ、黒ずむ原因となります。
お風呂に入った時にナイロンタオルで強くこすったりしない方がいいでしょう。
他にもスキンケアの時に、強くこするのもやめた方がいいでしょう。

乳首やデリケートゾーンにできる黒ずみは、メラニン色素によるものが強くなります。
メラニン色素は、遺伝や人種、年齢によっても違うので、デリケートゾーンや乳首の黒ずみは日頃のケアが大切です。

クリームの効果

黒ずみにならない方法としては、とにかく肌に負担をかけないことが大事です。
不足している栄養を摂取すると、肌の本来の色に戻すことができます。
しかし効果が出るまでに時間がかかります。

石鹸やパック、ピーリングなどをする方法もありますが、すぐに効果がでる方法としては、肌に溜まって浸透するタイプのクリームのケアがおすすめです。
メラニンの生成を抑制し、美肌作用のあるクリームならば効果もでやすいです。
短期間で効果を得たいなら、ホワイトニング成分が配合されているクリームがおすすめです。

ホルモンバランスの乱れもデリケートゾーンが黒ずむ原因になるので、栄養をしっかりとりできるだけ不規則な生活をしないように心がけましょう。