デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。
他の人にはほとんど見られない部分ではありますが、VIOライン脱毛を受けている人であればサロンスタッフに見られてしまうものでもあります。

Vライン部分

デリケートゾーンの黒ずみは、とくにVライン部分が気になるという人も多いものです。
これは、ショーツが肌に擦れることによって発生してしまうものであり、いつも同じ形のショーツを着用していることによっても同じ分が擦れて黒ずんでしまいます。

これ以上ひどくならないように防止するためには、形の違うショーツを着用してみるという方法もあります。
ボクサーショーツやショーツを兼ねたガードルなど、脚の付け根を締め付けないような形もいいでしょう。

IラインやOライン周辺

cccc64b80c28233edf50ef0054981906_s[1]

デリケートゾーンの中でも、IラインやOライン周辺になると自分の目で直接見ることができない部分であることから、それほど黒ずみを気にしていないという人もいるかもしれません。

しかし、アンダーヘアで肌を覆っている部分でもあるので、アンダーヘアを剃ってみると思っていた以上に黒ずんでいてびっくりするかもしれません。
黄色人種でもある日本人の肌は、欧米の人の肌に比べて色素が沈着しやすい体質でもあります。

近年では脱毛サロンで全身脱毛をしている女性も増えており、全身脱毛コースの中にはVIOライン脱毛も含まれています。
セットに入っているのだからとVIOライン脱毛に初めて挑戦する女性もいますが、サロン脱毛では除毛処理をしておく必要があるために、剃ってみたら自分のデリケートゾーンの黒ずみに驚く人もいるでしょう。
IラインやOラインでは、一日に何度もトイレで用を足してトイレットペーパーで拭くことによって肌が擦れて黒ずんでしまったり、ショーツや生理時のナプキンによっても肌が擦れているものです。

これ以上悪化させないように、肌をこすらないということに注意をするとともに、できてしまった黒ずみに対してはビタミンCが多く含まれる食品を摂取するようにしてみるだけでも効果的です。

美白で注目されているハイドロキノン

また、近年話題になっているハイドロキノンという成分が含まれたアイテムを使ってみるというのもいいでしょう。
海外では以前より人気のある成分であり、できてしまったシミ対策用の化粧品類にも使用されていますが、クリーム状になったものも販売されており、気になる部分にさっと塗るだけなのでとても手軽です。

一日二回ずつ続けてみるといいでしょう。