顔や足など人目につくところのケアは十分できていても、なかなか人に言えないのが女性のデリケートゾーンの黒ずみの悩みです。

普段見せることは少ないプライベートなパーツですが、最近ではVIO脱毛などが浸透してこうしたパーツも目立つ機会が増えてきています。このプライベートゾーンが黒ずんでしまう原因と対策を考えて体のすみずみまで自信を持てるケアをとりいれましょう。

VIOゾーンが黒ずんでしまう理由とは

プライベートなゾーンの黒ずみの原因となる最も大きなものが摩擦です。
特にビキニラインの黒ずみに悩む方が多いのですが、このパーツは常にショーツなどの下着のゴムの部分との摩擦にさらされています。

摩擦は肌の角質に炎症を起こしてメラニンの排出を促してしまうで黒ずんでしまう原因となるのですが、下着をはかないという選択はなかなかできないので多くの方がこうしたビキニラインの黒ずみに悩まされることになるのです。

またナプキンの当たるIライン、肛門周りのOラインに関してもこうした摩擦の問題があります。排泄や経血を処理する際にも摩擦が起きますし、こうした積み重ねが肌が黒ずんでしまう原因のひとつとなるのです。

粘膜近くの敏感な肌が黒ずんでしまいやすい

バスタイム

しかもこうしたデリケートゾーンは粘膜の近くにあり、通常の肌よりも敏感になっているのでメラニンが排出されやすく黒ずんでしまいやすいという特徴があります。
もともとメラニンは炎症などから肌を守るために排出されるもので、悪いものではありませんが、黒ずんでしまうという審美性の面で問題があるのです。

またこうしたデリケートゾーンを清潔に保つために入浴時にゴシゴシ洗うことでも、摩擦が黒ずみを引き起こす原因となってしまうので注意が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐためのケア

こうしたプライベートなパーツの黒ずみを防ぐためにはまずは摩擦を避けることが望ましいのです。
ショーツなどはぴったりサイズよりも少し余裕を持たせ、ビキニラインとショーツが擦れないように工夫をしたり、ナイロン素材ではなく綿や絹などの天然素材を使うことも摩擦を和らげるよい手段となります。

また、メラニンの排出を抑える専用のクリームなどを使うことでより積極的にこうしたくすみを解消できるケアとなります。
お手入れをするほど、黒ずみが解消されるパーツなので、ハイジニーナ脱毛などの際にも自信を持って望むことができますし、体のすみずみまでお手入れすることで女性としての格をワンランクアップさせることができるでしょう。