夏になったら憧れの水着を着て海水浴に行きたい、夏を楽しみたいという方も多いはずですが、中には水着を着たいけれどビキニラインの黒ずみが気になってなかなか水着を着る勇気がないという方、恥ずかしいという方は意外に多いのではないでしょうか。

いったん黒くなってしまったものはもう治らないのではないかどうやったら綺麗になるのかそういった悩みの解決策はあるのでしょうか。

ビキニラインの黒ずみの原因は何?

そもそもの原因がいくつか挙げられます。
ビキニラインに限らず、肌は刺激を受けることにより防御反応としてメラニンを生成します。
またターンオーバーを早めて角質層を厚くしてしまいます。

特にビキニラインは下着のゴムが常に皮膚にあたっていますし、今はやりのタイトなジーンズなどは歩くだけでも摩擦を起こして刺激を受けやすい場所と言えます。
摩擦は色素沈着を引き起こし、深い部分にシミができて色素が定着してしまうので改善にはかなり長い時間を要します。

また、汗やオリモノ、ナプキンやオリモノシートムダ毛の処理やニキビなどによって肌に炎症が起こると、色素沈着を起こしやすくなります。
そしてアンダーヘアの自己処理も、剃刀による刺激を受けて角質層が厚くなってしまったり色素沈着を起こしてしまいます。
その他の原因として、ホルモンバランスの乱れもあげられます。

ビキニラインの黒ずみを防ぐためには

ビキニ

いったん色素沈着してしまうと、改善にはかなりの時間が必要なため、日ごろから意識して色素沈着を防ぐことが重要になってきます。
たとえばタイトなジーンズなど下半身に密着するようなズボンを着用しないとか、下着は天然素材で肌触りのいいものを選ぶといったことを心がけます。
特に足を動かす動作をする際にはできるだけ摩擦を受けないようにする必要があります。

また、肌に炎症が起こることでかゆみが伴うと、ついつい掻きたくなりますが、掻いてしまうと余計に刺激になって逆効果ですので薬などをつかって出来るだけ掻かないようにすることが必要です。

剃刀や毛抜きによるアンダーヘアの自己処理はできるだけ避けることも予防につながります。

ビキニラインの黒ずみのケア方法

いったんできてしまった黒ずみにはケアが必要です。
方法としては色素沈着を改善させる効果があるローションやクリーム、オイルなどのスキンケア用品を根気よく使い続けることで効果が少しずつ得られます。

今すぐに黒ずみを改善したいという場合には、クリニックで内服薬を処方してもらったり、漂白効果のある外用薬を処方してもらって塗る方法があります。