アソコの臭いが気になるという女性は実はかなり多いのですが、場所が場所だけに誰にも相談できずにいる女性も多いんですよね。

その為、清潔にしていれば良いだろうとゴシゴシとアソコを洗っている人も多いのではないでしょうか。しかし、これは間違いなのです。アソコの臭いの原因を知り、対処法をしっかりと学びましょう。

アソコが臭う原因は3つあります

臭いの原因として考えられるのは、膣内環境の悪化による分泌液・すそわきがと呼ばれる陰部のわきが・性病が考えられます。
一時的な悪臭に関しては、膣内環境の悪化による分泌液が原因となることが多いでしょう。

分泌液が原因の場合は、膣内の洗いすぎによるものがほとんどです。石鹸を使用して綺麗にしようとする気持ちはわかりますが、膣内にいる常在菌までをも殺菌してしまい、膣内の雑菌が繁殖することによって起こります。

これはカンジタ膣炎を併発しかねませんので注意が必要です。洗いすぎることで余計に悪臭の原因になってしまいますので、洗いすぎはやめましょう。またビデの使用もほどほどにしてください。

臭いの原因を解消する

6-21

膣内環境の悪化による分泌液が原因の場合は、先ほども述べましたが洗いすぎないという対策で改善ができますが、すそわきがに関しては手術をしないと改善されません

アポクリン線を切り取ることでしか根本的な改善には繋がりませんが、臭いを抑えることはできます。アソコの正しい洗い方と専用のデオドラントクリームを塗ることで抑えることが可能になります。

手術は恥ずかしいという方は、この方法が有効でしょう。
また、性病による場合は、病気自体を治療することができます。思い当たることがある方は、婦人科を受診するようにしましょう。

正しいアソコの洗い方

臭いの原因は、分泌液などが雑菌に混ざることで発生します。
陰部を清潔にしておくことで、発生を防ぐことができますので、しっかりと洗いましょう。

ただし、ボディーソープなどで膣内を洗うのはお勧めできません。ボディーソープは外陰部などを洗う分には良いですが、膣内を洗ってしまうと常在菌を殺菌してしまいますので逆効果です。

膣内を洗いたい場合は、膣内専用洗浄剤を使用すると良いでしょう。この膣内専用洗浄剤は、膣内にいる善玉菌をちゃんと残したまま、必要のない汚れやオリモノを落としてくれる効果が期待できます。膣内専用洗浄剤を選ぶ際には、体に影響がないものを選ぶようにしましょう。