女性の多くが抱える悩みではありますが、誰にも相談できないあまり深刻化してしまうことの多い、アソコが黒いという問題、不潔っぽく見られてしまったり、異性関係に奔放な女性といった間違ったイメージを持たれてしまうこともあり、何とかして解決したいと考えている方も少なくありません。

肌の色には個人差はあるものの、どんなに肌の白い方でも、アソコはくすみがちだといわれているのは、特別な部位故の色素沈着が原因です。
適切なケアを行えば、綺麗な肌の色に甦らせることができるので、諦めずにトライしてみましょう。

肌へ与える摩擦を極力減らす

アソコは、常に下着や衣類に守られている部位であり、他の部位に比べると、皮膚が薄く弱くとてもデリケートです。
その為、サイズの合わないきつい下着をつけていたり、ぴったりとした衣類ばかり着ていると、その圧迫や締め付けによって、肌は常にダメージを受けてしまいます。
そうすると肌は自らを守ろうとするあまり、皮膚を分厚くさせ、メラニンを分泌させてしまいます。
これが、アソコが黒い原因の一つでもあり、下着のサイズや素材、衣類などにも気を遣うことが大切です。

またこのような刺激は、女性に取っては切り離せない、毎月の生理時に装着するナプキンでも起こり、トイレットペーパーで強く拭くことも、ダメージの一つとなってしまいます。
布ナプキンやタンポンを使ったり、肌に優しい柔らかいペーパーを使ったりといった工夫も、色素沈着を防ぐ手段の一つです。

色素沈着を居座らせないようにする

6--29

アソコが黒い悩みは、色素沈着をいつまでも肌表面に居座らせない、ということにも尽きます。
肌のターンオーバーが正常に機能していれば、常に美しい肌が生まれ変わります

アソコの皮膚は乾燥しやすいといった特徴もあり、肌サイクルが鈍ってしまっていることも多いので、保湿ケアを重点的に行い、美白ケアも同時に行えば、お肌のトーンは明るくなっていきます。
アソコの黒ずみ専用の美白クリームがあるので、こういったアイテムを毎日のケアに取り入れれば、保湿、美白ケアがしっかりと行えます。

肌に合わない洗浄剤を使わない

アソコが黒いという悩みの原因の一つに、肌に合わないケア商品を使ってしまっている、ということもあるので、成分の強いボディソープやナイロンタオルなどで洗うのは止めて、デリケートゾーン専用の優しい石鹸で、しっかりと泡立てて手で優しく洗う、といったことも大切です。