女性が恥ずかしくて誰にも相談できないアソコの悩み、とてもデリケートな部位の問題なので、どんなに親しい間柄でも打ち明けることはできません。

特にアソコが黒いという問題は、異性の間では性に対して奔放だから、といった間違った解釈をされてしまっていることもあって、深刻なコンプレックスとなって苦しんでいる女性も少なくないようです。

しかし、アソコが黒いのには、れっきとした原因があり、その原因に沿った対処をすれば、肌の色を明るくさせることも可能で、なおかつ、これ以上黒ずみをひどくさせることも防げます。

アソコ専用のアイテムを使ったセルフケア

アソコが黒いという問題は、間違ったセルフケアをしてしまっていることで、肌がダメージを受け、自らを守ろうとするために、皮膚が厚くなってしまったり、メラニン色素が過剰に分泌されてしまうことが原因となっている場合があります。

例えばムダ毛処理のカミソリを使ったセルフケア、そしてアソコの肌には強すぎるボディソープで洗うことなどが挙げられます。
デリケートゾーンの皮膚は、薄く弱く刺激を受けやすいので、すぐに乾燥しやすくなってしまいます。

アンダーヘア脱毛は肌に優しいものを選択したり、アソコ専用の肌に優しい石鹸で洗ったり、アソコの黒ずみ専用の美白クリームでセルフケアをするようにすれば、色素沈着はかなり改善できます。

黒ずみを招く習慣を見直す

7--30

アソコが黒い原因は、日常生活の習慣による場合も多く、部位が部位ゆえ、どうしても摩擦や刺激が重なる部位でもあるので、そういった肌へのダメージを最小に抑えてあげることも大切です。

サイズの小さな下着や、ナイロン製の下着、締めつける衣類などをずっと付け続けていると、肌が圧迫されダメージが大きくなり、色素沈着がひどくなってしまいます。

また、生理ナプキン、トイレットペーパー、入浴時に使うナイロンタオルなどによる肌摩擦もできるだけ避けましょう。
デリケートな皮膚だということを常に意識して、優しく扱うということが大切です。

肌のターンオーバーを促進させる

人の皮膚は、ターンオーバーというサイクルで生まれ変わっているので、ターンオーバーが正常に機能していれば、黒ずみがいつまでも肌表面に残ることはありません。

乾燥やホルモンバランスの乱れ、加齢などにより、ターンオーバーが鈍くなってしまうと、いつまでも黒ずみなどの色素沈着が残ったままになってしまいます。
保湿ケアをしっかりと行い、ストレスや疲れを溜めないなど意識して、ホルモンバランスを整えてあげることも大切です。