アソコが黒ずんでいる、この悩みは女性に取ってはかなり深刻で、強いコンプレックスとなってしまうと、男性とのお付き合いにも支障をきたしてしまいかねません。

非常にデリケートな場所でもあるので、誰にも相談できずに、一人で抱え込んでしまう方も多く、中には顔用の美白剤を使用し、逆に肌荒れなどを起こしてしまい、次は肌ストレスに苛まれてしまった、といった失敗談も聞かれています。
アソコの皮膚は、とても薄く弱く、刺激を受ければ深いダメージを負ってしまうので、必ず専用のアイテムを使うようにしましょう。

アソコ専用の美白クリーム

今、色々な雑誌でも取り上げられている、アソコ専用の美白クリームは、ネット通販でしか買えない商品ですが、根気良く毎日使い続けることで、確実に肌のトーンを明るく甦らせてくれると、幅広い年代の女性たちに高く評価されています。

デリケートな皮膚に塗っても肌荒れなどを起こさないように、厳選された成分だけで作られているので、肌が弱いという女性でも安心して使えます。
美白成分とともに、保湿成分もしっかりと配合されているので、乾燥によって肌のターンオーバーが滞ってしまうことを改善させてくれます。

またこういったケアアイテムに加えて、ボディソープが肌に合わずに、洗浄力がきつすぎるため肌ダメージを起こし、色素沈着を引き起こしてしまっていることもあるので、できればアソコ専用の肌に優しい石鹸などを使うようにするのもお勧めです。

下着の締め付け、素材に注意

6--27

アソコの黒ずみは、やはり物理的な肌への刺激や摩擦が、原因となっていることも多いといわれています。
一日の大半を、下着や衣類に守られている部位なので、その下着がきついサイズであったり、肌摩擦の多くなる素材であったり、締め付け、圧迫する衣類であったりすると、どうしても肌のこすれによる色素沈着は否めません。

できるだけゆったりとしたサイズのものを身につけたり、肌に優しい綿素材の下着を選んだり、寝る時だけは下着をつけない、といった工夫も必要です。

生理期間、排尿時の刺激も要注意

生理や排尿はどうしても切り離せない生活習慣ですが、ちょっと気を遣うだけでも、アソコの黒ずみを防ぐことはできます。
生理中にはナプキンを使いますが、このナプキンやおりものシートによる刺激はかなり強いので、布ナプキンやタンポンに切り変えるというのもお勧めです。

また、トイレの後、ペーパーで強くごしごし拭くといったことも、デリケートな皮膚には深刻なダメージを与えるので、優しく扱うようにしましょう。