バストは大きさや形のことで悩んでいる人は覆いですが、黒ずみも発生しやすい部分ですので、その色のことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

まずは肌が黒くなってしまう原因を知り、正しい対策できれいな色合いを取り戻していきましょう。デリケートな部位ですので、正しい方法で対処することが大切です。

刺激で黒くなります

バストは形もきれいで豊かな人でも乳輪の大きさや色のことで悩んでいる人は少なくありません。改善のためにはまずは肌が黒くなってしまう原因を知っておく必要があります。

まず、肌は刺激を受けると肌を守ろうとして、メラニン色素を多く出す傾向にあります。
デリケートな部分ほどそうした機能は高まりやすいので、乳輪のように柔らかい、先端の部分はどうしても黒ずみが出やすい傾向にあります。

下着によるすれもあげられますし、体を洗うときにゴシゴシこすりすぎることもよくありません。さらにホルモンバランスの変化でも黒ずみが発生しやすくなります。

妊娠、出産の影響

赤ちゃんとママ

妊娠や出産を経験するとホルモンバランスが大きく変化しますので、乳輪も黒くなりやすい傾向にあります。さらに出産後は授乳もありますので、赤ちゃんに吸わせている刺激で黒くなりやくなります。赤ちゃんがすぐにお乳を見つけられるように色が濃くなるという説もあります。

このほかではアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患が原因していることも考えられますし、そのほかでは加齢によるはだのターンオーバーの機能の衰えなども黒ずみの原因となります。

改善策を知ろう

日本人の場合はもともとのメラニンの量も違いますので、白人女性のような明るいピンク色の乳輪にすることは難しいということは理解しておきましょう。日本人の場合は明るい色でも薄い茶色の人が多くなっています。

できるだけ明るくきれいにしていくのであれば刺激を抑えることも大切ですので、下着の素材をより優しいものにしたり、体を洗うときもバストトップは手で優しく洗うなどできるだけ刺激を抑えることも大事です。

ピーリング効果のある石鹸もターンオーバーを促進するのに効果的ですが、デリケート部位でも安心して利用できるものを選ぶことが大切です。

さらに美白ケア、保湿ケアも行っていきたいですが、顔用の化粧品では刺激が強すぎる場合もありますので、専用の化粧品を使うことがおすすめです。
バストトップやデリケートゾーンにも安心して利用できるクリームなどもありますので、そうした商品を選んでみてはいかがでしょうか。