ちくびの黒ずみは女性なら誰でもいやなものです。
ちくびが黒いと男性は遊んでると見るからです。
本当は遊んでないのにちくびが黒いだけで男性の心は冷めてしまいます。

ちくびの黒ずみの原因

ちくびの黒ずみは遺伝的なものとブラが合わなく擦れてメラニン色素の沈着が進行する場合があります。

確かにメラニン色素の沈着が進行する原因は擦れることですので、理論的には遊んでいると黒くなるのですが、
遺伝的に黒い場合もありますし、ブラがあわなくて擦れる場合もあります。
とくにスポーツをするときにスポーツブラをしないでしていた場合などは知らないうちに黒ずんでいる場合もあります。

美白クリームや美白石鹸で丁寧に乳首をマッサージ

61

ちくびの黒ずみが原因でせっかくできた彼氏の心が冷めてしまっては
立ち直れないダメージを負ってしまいます。

ちくびの色をピンクとまではいかなくても自然な色に戻すには、専門のクリニックに通うのが一番いいのですが、
予算的につらいと思います。
それに、ちくびの色を治すのにクリニックに通うのは恥ずかしいものがあります。
やはり、自宅で一人でちくびの色を治すほうがいいでしょう。

お風呂あがりに、美白クリームや美白石鹸で丁寧に乳首をマッサージするように習慣つけましょう。
毎日、丁寧に乳首を美白クリームや美白石鹸でマッサージしていくことが大切です。
そうすれば3ヶ月もすれば、自然な乳首の色になっているはずです。
大切なことは継続して乳首をマッサージしていくことです。

また、最近は乳首専用の化粧品も販売されています。
口紅のように乳首に塗るだけで鮮やかなピンク色の乳首にできる化粧品です。
リップクリームのように常備しておけば、彼氏とデートをしているときに、そういう雰囲気になったタイミングでトイレで乳首に塗ればすぐにピンク色の乳首にすることができます。
緊急時ように常備しておくのもいいと思います。

乳首の色を治すには地道な努力が必要

どちらにしても、根本的に乳首の色を治すには、クリニックに通うか、美白クリーム美白石鹸で自分で乳首を丁寧にマッサージするしかないと思います。

予算があり、短期間で治せれば多少恥ずかしくてもいいのでしたらクリニックに通ったほうが断然いいです。
ですが、現実的にはやはり自分で乳首に美白クリームや美白石鹸を塗っていくことになると思います。

あと、ブラもなるべく肌に優しいブラをするように心がけましょう。
高級なブラを付けることにより女性としての自信ももてますし、男性にも臆することはなくなります。
とにかく乳首の色を治すには地道な努力が必要です。