バストトップの黒ずみは誰でも気になるものです。
バストトップの黒ずみは遺伝による場合もありますし、ブラが合わなくて擦れて黒ずみが発生する場合もあります。
乳首が黒いだけで男性の心が離れていくことほど悲しいことはありません。
乳首の黒ずみを治すには、専門のクリニックに通う方法もありますが、場所が場所だけに恥ずかしくなかなか通えないとも思います。
クリニックに通えば、乳首の黒ずみは短期間で治せますが、それなりに費用もかかるものです。
自分で治す方法を選ぶのが一般的かとは思います。

乳首が黒い原因

乳首が黒い原因は、乳首にメラニン色素が沈着するからです。
乳首が必要以上に擦れてメラニン色素が沈着したために、乳首の色が黒くなるのです。
それは、ブラが合わない場合もありますし、スポーツ等による原因の可能性もあります。

しかし、乳首が黒くなってしまったことには変わりません。
乳首の色をピンクとまではいかなくても自然な色に戻すためには、美白クリームや美白石鹸を用いるといいでしょう。

お風呂上がりに丁寧に乳首に美白クリームや美白石鹸をマッサージをするように塗りこんでいきましょう。
忙しいなかでも、毎日気をつけて乳首にマッサージをすることを心がけましょう。
毎日継続していけば、3ヶ月もすれば自然な色に戻ってくるはずです。

乳首専用の化粧品も

05

また、最近は乳首専用の化粧品も販売されています。
ようは口紅と同じです。
リップクリームのような感覚で乳首に塗ることで、乳首を好きな色に変えられる化粧品も販売されています。
緊急時には利用するのもいいかもしれません。

彼氏とのデートの時に常備しておけば、そういう雰囲気になったと感じ取ったタイミングでトイレにいくついでに、乳首に塗れば彼氏に気がつかれずに乳首の色をピンクにすることが可能です。

一時的な効果しかありませんが、乳首が黒く彼氏との関係を壊してしまうよりはよっぽどましです。

地道なケアが実を結ぶ

なんにしても、乳首の色を根本から変えるためには、専門のクリニックで治してもらうか、自分で地道に美白クリームや美白石鹸で治していくのが一番いいです。

乳首の色を気にして自分に自信を持てないのは女性としては悲しいことです。

遺伝やブラが合わなかったりしただけで、遊んでたと誤解されるほど悲しいことはありません。
早めに対処しましょう。