ピンク色のバストトップに憧れている女性は多いものですが、もともとバストトップは、メラニン色素が多い部位なので、一般的な皮膚の色をした日本人なら、薄茶色をしているのはごく普通です。

ですが、バストトップは皮膚が薄い部位でもあるので、外部や内部から刺激が与えられると皮膚を守ろうと、メラニン色素が増えて、黒ずんで見えます。

バスト黒ずみの治療を行っているクリニックもありますが、まずは自宅でできるバスト黒ずみケアを行うことをおすすめします。

バストが黒ずむ原因とは?

バストトップの皮膚の色が濃いのは、その部分のメラニン色素が多いからです。
紫外線を多く浴びると、肌の色が濃くなるように、メラニン色素は外部からの刺激によって増えます。

日常生活では、バストが紫外線にさらされることはあまり考えられませんが、サイズが合わないブラジャーを着用していると、肌を摩擦し、黒ずむことがあります。

また、敏感肌の人の中には、ブラジャーの素材に化学繊維が使われていると、炎症を起こし、色素沈着につながる場合もあります。

さらに、バストの黒ずみは、ホルモンバランスの乱れにも関係しています。
特に、妊娠中や出産後の授乳時期にバストの黒ずみに悩み、バスト黒ずみケアを真剣に考える女性はたくさんいます。

セルフケアできるバスト黒ずみケアとは?

コットンブラ

バストの黒ずみは、クリニックで治療することもできますが、セルフケアでも改善する場合も多いので、まずは自宅でケアすることをおすすめします。
バスト黒ずみケアを始める前に、ブラジャーで肌を刺激していないかどうかを確認しましょう。

また、肌を洗う時に、ナイロンタオルでゴシゴシこすることも肌への刺激になるので注意したいものです。
肌に触れるものは、できるだけ綿やシルクなど、肌に優しい素材のものを使うと安心です。

また、ホルモンバランスを整えるためには、バランスのとれた食事を心がけ、ぐっすりと眠れるような環境を整えましょう。
そして、セルフケアのバスト黒ずみケアでは、市販の美白クリームを使用することで効果が期待できます。
美白クリームは、デリケートゾーン専用のクリームがおすすめですが、その中でも、有効な美白成分が含まれたものを選ぶようにしましょう。

バスト黒ずみケアに有効な美白成分とは?

バストの黒ずみを解消するためには、メラニン色素が作られるのを防ぎ、すでにできてしまった色素沈着を薄くする働きがある美白成分が含まれたクリームを選ぶことが大切です。
代表的な美白成分には、ハイドロキノン、トレチノイン酸、ルミキシルペプチド、ビタミンC誘導体などがあります。

これらの成分は高い効果が期待できますが、バストトップはデリケートな部位なので、パッチテストをするなどして、様子を見ながら使用するようにしましょう。